【終了】【滋賀県立美術館】企画展「人間の才能 生みだすことと生きること」開催!(〜2022年3月27日)

滋賀県自習室
投稿日:2022年2月13日 
いずみ建築設計
グルメ
日刊滋賀県グルメ
Uターン物語
グルメ
大人スポーツ部

芸術ってよくわからない。そういった方にもおすすめの企画展が、今、滋賀県立美術館で行われているのをご存知ですか?その名も企画展「人間の才能 生みだすことと生きること」!

こちらに展示されている作品は、プロの芸術家のものではないとのこと。「生み出すこと」と「生きること」をテーマに、評価されることを望まない人々が作り上げた作品を見ることができます!

見出し

滋賀県立美術館とは

滋賀県立美術館の外観
「滋賀県立美術館」は、その名の通り滋賀県の運営する美術館です。2021年6月にリニューアルオープンし、キッズスペースや授乳スペースも充実。照明を明るいものに変えるなどして、よりたくさんの、さまざまな年齢層の人々に楽しんでもらえるように進化しました。

関連記事:【文化ゾーン】2021年6月リニューアル!滋賀県立美術館に行ってきました【レポート】

美術館内には、「CAFE&SHOP「Kolmio(コルミオ)in the museum」というカフェがあるので、芸術に触れた後や、展示を見て回る合間などに休憩として利用できます。絵画をモチーフにした様々な雑貨などを買うこともできるので、「滋賀県立美術館」に来た記念にぜひお立ち寄りください。

関連記事:滋賀県立美術館の中にCAFE&SHOP「Kolmio(コルミオ)in the museum」がオープンしています!アートと一緒に、素敵なカフェタイムをどうぞ♪

企画展「人間の才能 生みだすことと生きること」

この投稿をInstagramで見る

滋賀県立美術館SMoA(@shigamuseum)がシェアした投稿


さて、そんな「滋賀県立美術館」で2022年1月22日(土)から3月27日(日)の約2ヶ月間行われている企画展が「人間の才能 生みだすことと生きること」。こちらには全17名の作家の作品が展示されています。

しかしその17名のみなさんはプロのアーティストというワケではないそう。誰かから評価されることを望まない彼らは独自の方法論で作品を制作します。空想の本やDVDのジャケットをデザインする上土橋勇樹さんや、記憶に基づきたおやかなイメージを紡ぎ出す澤井玲衣子さんの作品など。聞くだけではどんな作品かわからない、そんな不思議な作品がせいぞろいです。

彼らの作品から「生み出すこと」と「生きること」、この2つをつなぎ合わせることで見える大切なものを感じ取ってほしい。「人間の才能 生みだすことと生きること」はそんな企画展になっています。

>> 企画展「人間の才能 生みだすことと生きること」の案内はこちら <<

◆企画展情報◆
【企画展名】
 人間の才能 生みだすことと生きること
【開催期間】
 2022年1月22日(土)〜 3月27日(日)
【会場】
 滋賀県立美術館 展示室3

◆スポット情報◆
滋賀県立近代美術館
【住所】
 滋賀県大津市瀬田南大萱町1740-1
【営業時間】
 9:30 ~ 17:00
 ※入館は16:30まで
【定休日】
 毎週月曜日
 ※祝日の場合は営業
 年末年始、その他不定休
【駐車場】
 あり

新型コロナウイルスの影響で、店舗の営業時間・定休日が変更になっている可能性があります。ご来店の際には、各お店にお問い合わせください。

滋賀県自習室

滋賀県民向け!この情報知ってる?

日刊!滋賀県編集局