.

湖南市にこんな大きな公園があるんです。「じゅらくの里」へ行ってみよう!

twitterでリアルタイムの滋賀情報を発信→

湖南市に住んで10数年。

ある程度、どこにどんなスポットがあるか知っていたつもりでしたが、湖南市自体に大きな公園はあまりないと思ってました。

そしたら「石部側にひばり公園みたいなのあるよ」と言われて、行ってみたのがじゅらくの里。

湖南市にこんな大きな公園があるとは知りませんでした。

地元でもまだまだ発掘しがいがあるかもしれません。

ではじゅらくの里の紹介、スタートです!



ゆるやかな坂に、かなり大きいじゅらくの里

ゆるやかな坂に広い土地。
元気っ子広場とふれあい広場、水遊び場など子供が楽しめる広場です。


購入率高いアンパンマン自販機

公園にこのアンパンマン自販機があることで、購入率はすこぶる良くなるでしょう。

アンパンマン自販機。じゅらくの里でも人気でした。


車椅子の方は事務局へ。

事務局で車止め外してもらえます。

犬の散歩禁止ですよ-

犬の散歩は禁止です。
多分猫もです。

休館日に気をつけて

休館日は遊具以外にも駐車場も止めることが出来ません。

月曜日は違う公園にいきましょう。


ちょっと大きい普通の公園元気っ子広場


合体型遊具

元気っ子広場の遊具。合体型で滑り台やブランコなど一通りあります。

出口にはご注意を

出口にはご注意を。
出口から登りたい気持ちはしっかり抑えて。


元気っ子広場の広場

こちらも元気っ子広場の広場。
ボール遊びやおにごっこに最適。

ケイドロして真ん中に缶置くと、警察と泥棒の駆け引きが楽しめそう。


子供の成長を見られる大人の休憩所

子供の成長を見られる大人の休憩所。どちらの広場も見れる丁度真ん中。



たっぷりな遊具のふれあい広場

小さい子用の遊具
小さい子供用の遊具。
つかまり立ち出来れば問題なし。

お店ごっこできるカウンターがあります。

大人ならほふく前進で

大人ならほふく前進サイズ。
ほふく前進って漢字難しいですね。匍匐前進。

色々な遊び方できそう。

この遊具の一番の遊び方は、下にある元気っ子広場から競争して上の鐘を鳴らせたら勝ちゲームです。
間違いない。

飛べるトランポリンではありません。

飛べるトランポリンではありません。飛べない系です。

ボンボンいいます。

皆さん、テント持参です。

暑い夏に日差しをよけるミニテントの数々。

のんびりできますなー。


プチクライミング

プチクライミング。本当プチ。




この滑り台かわいいでしょ

この滑り台かわいいでしょ。

小さい子が、怖がらない滑り台です。
まずはこれぐらいからはじめましょうか。


お待ちかねのローラー滑り台

こういう公園にはお待ちかねのローラー滑り台。

滑り台の途中で並行になるところがあるので、スピードはほどほどに出ます。



いしべえどん
石部のゆるキャラ。いしべえどんが遊具のてっぺんに立っています。
「みんな怪我してないどんかー?」とかですかね。


いしべえどんを別角度で

いしべえどんを別角度で。
子供にはあまり注目されていない様子。



お昼もここで食べちゃう

じゅらくの里に併設されているお昼が食べられる場所。

他にもソフトクリームやコーヒーなども販売されています。



ほおがコケたライオン?

じゅらくの里のそこら中に動物の石像があります。

そしていずれもちょっと特徴があって怖いです。

まずこちらが頬がこけたライオン。


リアリティ感あるネズミ

リアリティ感あるネズミ。


このサイズのがいたら、走って逃げるレベル。

クオリティ高い竜

他の石像に比べてクオリティ高し。


暑い時期に水遊びできます

暑い時期には水遊びを。

しっかり着替えてバシャバシャ遊びましょう。








穴太積、読めますか?
穴太積、読めますか?

あのうづみという読み方で穴太衆が手がけた野面積の石垣のことなんですって。

湖南市図書館の近くにある公園も、穴太積ですよね。


後ろからおもいっきり太陽が


ずっと福祉センターとかそういうたぐいのものだと思っていたじゅらくの里がこんな大きな公園だったとは。

ということで、今回は隠れ大きい公園のじゅらくの里をレポートしてみました。

追記:桜もきれいな公園でした。
湖南市で桜が美しい場所?え、じゅらくの里は行きましたか?


Kodawari 滋賀の実体験レポートサイト