日刊野洲市
日刊滋賀県
日刊野洲市

三上山を喰ってやる!野洲の森のBe-cafeの黒カレーが堪らぬ。

投稿日:2015年5月3日 

野洲市のハイキングコースとしても有名な三上山。

小学生の頃はこの三上山の伝説としてドでかい蛇が三上山をぐるぐる巻にして、伝説の勇者(?)が退治したという物語をよく聞いたものです。

(あの物語っていつ頃から聞いてたんやろう。)





そんな三上山を忠実に型どりして、黒カレーにしているお店が三上山近くにあるんですと。

これは食べねばならぬということで、食べてきましたよー!野洲市の森のBe-cafeで!



森のBe-cafeとは?野洲市のどこにあるの?




森のBe-cafeは湖南市からだと希望が丘文化公園までいくまでに右手にみえる近江富士花緑公園のところにあります。

近江八幡市方面だと、希望が丘文化公園を超えて左手です。









Googleマップだとここ。







DSC06634


入って、左手に無料駐車場があるのでこちらに車を停めます。





DSC06623


看板も出てますな。







DSC06627


どんな料理があるのかな、どれどれ。



ソフトクリームのテイクアウトも出来るようで、ソフトクリームを食べながらお花を見てほっこりするというのもできます。





DSC06520


こちらの木の建物が森のBe-cafe。





DSC06535


お外では森のBe-cafeで予約すれば、用意してもらったBBQを楽しむことも!珍しいジンギスカンのBBQとかも出来ますよ!期間としては2015年は11月15日までのようです。




☆開催期間:4/1〜11/15

☆営業時間:

昼11:00~14:00(最終受付12:30)

夜17:00~20:00(最終受付18:30)

※1グループ様90分のご利用とさせて頂きます

☆料金:お一人様2160円(税込)で2名様からのご利用となります

※3日前までの予約制になります。

尚、4/1〜5/6の間は夜の部のみの営業となります、ご了承下さい。

お申し込みお問い合わせは花緑公園管理事務所でお受け致します。(当日受付が可能な場合もありますのでカフェまでお気軽にお問合せ下さい♪)

お申込み、お問合せは↓

近江富士花緑公園 管理事務所

Tel 077-586-1930

AM9:00~17:00

月曜定休 (祝日の場合火曜日)






DSC06507


それでは早速中へGO!カウンターとテーブル席があり、サラリーマンがふらっと立ち寄ってお昼ごはんを!というのもできやすい構成となっています。どうでしょうか、サラリーマンのお父さん方。昼間休憩で立ち寄ってお花を見ながらお昼ごはんも。





ピリ辛がハマる!森のBe-cafeの黒カレー。




DSC06607


こちらが森のBe-cafeのメニュー。基本は黒カレーとオムライスとなっていますが、時期によっては明太子パスタなどがでることも!





DSC06615


数量限定となりますがワンプレートランチもしています。ふむふむ。



DSC06578


本命の「近江富士ブラックカレー」なり!黒色はイカスミで出していると思いきや、イカスミだとどうしても生臭さが出てしまうことなどからてんさい糖というお砂糖を焦がしてカラメルにし、その色を使って黒色にしているようです。



しかもてんさい糖という砂糖なので、甘いと思いきやピリリとスパイスがある!





DSC06601


彩りが良くて、これまた絵面としても美味しいカレーではないですか!

しかもしかも、最後にはより彩りがよくなるちょっとしたサプライズも。それは食べてからのお楽しみですけどね。





DSC06550


そして今回は特別に厨房をのぞかせて頂き、黒カレーの形となった三上山の型を見せてもらいました。

ただの三角形の型ではなく、忠実に再現するために調整を重ねて出来たこの数。



こだわっていますねー。





DSC06514


料理だけではなく、他にも信楽の知り合いの方から卸してもらっているほうじ茶でほうじ茶ソフトクリームというのもあるようです。



こちらも好評のようで。





以前近江富士花緑公園に来た時は、入らず終わってしまっていた森のBe-cafeでしたが、これならもっと早く来て三上山を食せば良かった!



次はオーナーが大好きな沖縄からきたタコライスも頂いてみようかな。



以上、野洲市からKODAWARIスタッフでした。

新型コロナウイルスの影響で、店舗の営業時間・定休日が変更になっている可能性があります。ご来店の際には、各お店にお問い合わせください。