日刊東近江市
日刊滋賀県
日刊東近江市

東近江市中心市街地を盛り上げよう!空店舗再生のための補助金制度が始まりました!

投稿日:2020年5月21日 

商店街などで最近よく見る空店舗。この空店舗をいかに再生させるかが、地域活性化に繋がるとして現在注目されています。

空店舗が増加すると、地域からにぎわいがなくなり、その結果来訪者が減り、地域が衰退していくという悪循環に陥ります。東近江市ではこの空店舗を再利用した地域活性化を目指し、空店舗を利用して開業する事業者に対する補助金制度を始めました。

東近江市中心市街地を活性化!商業等空店舗再生支援事業補助金制度!

シャッターのおりた店舗が並んでいる商店街
東近江市では、中心市街地の地域活性化を図るとため、中心市街地にある空店舗を利用して開業する事業者に対して、店舗改修費用の50%を補助するという補助金制度を始めました。

東近江市の中心市街地商業等集積地域の建物を利用した開業に限り、空店舗を改修して店舗として利用する事業者が対象です。

補助金制度の受付期間は下記のとおりです。

【受付期間】2020年4月1日(水)~2021年1月29日(金) *土日祝日を除く。

補助の対象者や対象工事など細かい規定があるのでご注意を。

参考リンク:中心市街地商業等空店舗再生支援事業補助金について

東近江市の地域活性化に興味がある方は、まずは対象の空店舗物件の一覧をチェックしてみてください!


新型コロナウイルスの影響で、店舗の営業時間・定休日が変更になっている可能性があります。ご来店の際には、各お店にお問い合わせください。

日刊!滋賀県編集局