.

滋賀県へのUターン歓迎!湖南市で起業家を目指したい人向きの面白そうな仕事がありますよー

投稿日:2021年9月15日 
クラウドファンディング
Uターン物語
大人スポーツ部
JAPAN LOCAL VIDEO

先日、滋賀の魅力を伝えるラジオ番組『シガラジ』にて、日刊滋賀県編集長と、NCL湖南のチーフコーディネーター・光田さんが対談!

湖南市で起業家を目指したい人向けの面白そうな仕事について、2人が語っています。

見出し

NCL?起業?地域おこし協力隊?シガラジの内容をお届け!


まずはシガラジでのトークを簡単に紹介します。



参考リンク:NCL公式サイト



(現在活躍中のラボメンバーの一例)


 
この投稿をInstagramで見る
 

DONGREE BOOKS & STORY CAFE(@dongree_konan)がシェアした投稿



この投稿をInstagramで見る

スープのある日常(@soup_community_lounge)がシェアした投稿


この投稿をInstagramで見る

incolore(@incolore_konan)がシェアした投稿










\プロジェクトのさらに詳しい内容はNCL公式サイトから/

こにゃん市事業開発プロジェクト
http://project.nextcommonslab.jp/project/animal-welfare/

森をもっと活用したい
http://project.nextcommonslab.jp/project/active-forest/

地域の食の相談窓口
http://project.nextcommonslab.jp/project/konan-local-food/





Next Commons Lab湖南 オンライン相談会

インタビュー全編は、Voicyにて!



NCL湖南(地域おこし協力隊)で起業する3つのメリット


地域おこし協力隊の応募を考えている人の悩みとして

・1人で事業をスタートするのは不安。
・1人で見知らずの土地に行くのはちょっと心配。
・地域の人たちとうまくやっていけるだろうか?
・地域おこし協力隊になって、本当に自分のやりたいことができる?

といったことが挙げられるのではないでしょうか。

その不安を解消してくれるのが“NCL湖南”の存在です。

安心その1:相談できる「パートナー」がいる


現在募集中の各プロジェクトには、全て相談できるパートナーがいます。

新しい暮らし、新しい生活、そして新しい事業!考えることややるべきことはたくさんありますが、相談できる人がいるという安心感は、かなり大きいはず。

実際に現在のラボメンバー(起業家)からも「事務局の存在に助けられている」との声があがっています。

安心その2:今も地域で活動を続ける先輩がいる

2019年、湖南市に9名の地域おこし協力隊が着任。

2021年3月時点で8名が活動を継続(1名のみ2年で退任)しています。

湖南市には、NCL湖南があり、過去にも地域おこし協力隊を受け入れている実績があります。

すでに地域に“先輩”がいる、先輩たちが地域の人たちとの関係をつくってくれている、と考えると、ハードルはグッと下がるはず!

安心その3:地域と隊員の間をとりもってくれる人がいる

地域おこし協力隊としての思いと、受け入れ地域側の思い。

どちらの思いも、わかる。でも、うまく噛み合わない。

これって地域おこしのあるある、かもしれません。

NCL湖南の場合は、事務局がラボメンバーと地域(行政)の間に入り、潤滑油のような役割を果たしてくれます。

問い合わせ先のおさらい


気になった方は、Next Commons Lab湖南のお問い合わせフォームから!

Next Commons Lab湖南 オンライン相談会問い合わせフォーム

新型コロナウイルスの影響で、店舗の営業時間・定休日が変更になっている可能性があります。ご来店の際には、各お店にお問い合わせください。

クラウドファンディング

滋賀県民向け!この情報知ってる?

日刊!滋賀県編集局