.

まだ桜が見られる!枝垂れ桜がきれいな信楽のMIHO MUSEUMとトンネルの風景。

twitterでリアルタイムの滋賀情報を発信→
LINEで送る

滋賀県でも南部のほとんどの地域で既に桜が散ってしまった4月中旬。

それでも「まだ桜がきれいなところないかなー。」という人のオススメなのが甲賀市・信楽にあるMIHO MUSEUMの場所です。

MIHO MUSEUMは信楽にある美術館なのですが、美術館までの道のりが枝垂れ桜や反射するトンネルできれいなのです。しかもまだしっかりと咲いています。(2015年4月19日現在)

MIHO MUSEUMに行ったことがない方が「どんな場所なのか。」そして4月中旬の枝垂れ桜がどんな風景なのか気になる方へ。写真を撮ってきたので見てみましょう。


見出し

MIHO MUSEUMの場所はどこにあるの?


MIHO MUSEUMは信楽の中でも大津市との境にある場所で信楽中心地からは離れています。

ただ一本道みたいな所もあるので、立て看板も建っていますし迷うことはほぼないでしょう。

信楽中心地からMIHO MUSEUMへ行かれるのであれば信楽駅と陶芸の森の間のT字路で曲がったほうが早かったです。



あとMIHO MUSEUMの駐車場は無料で、桜が咲いている場所やトンネルから美術館までは無料で立ち寄ることができます。


4月中旬のMIHO MUSEUMの桜とトンネルの風景


DSC06295
車を駐車場に停めてMIHO MUSEUMへ向かう道ではまずこの門がお出迎え。他の地域はほとんど咲いていないのにまだ咲いているというこの不思議。


DSC06298
枝垂れ桜となっています。


DSC01051

100mちょい進むとトンネルが見えてきます。MIHO MUSEUMの桜の良いところはトンネルからの風景。



DSC06308

トンネルが反射するため桜でピンク色になっています。素敵や-。


DSC06315
この風景を写真に納めるために、試行錯誤したんですが自分ではあまり納得行かず。

MIHO MUSEUMの桜はこの時期がちょうど満開なのか、それとも1週間、2週間前だともっと良かったのかがわかりませんが、普段見る桜と違ってまた幻想的なので来年も見に行こうと思います。



DSC06335
おわり。

LINEで送る

Kodawari 滋賀の実体験レポートサイト