.

コンテンポラリーアート 須山裕子が描き続けた昔と今、そしてこれから。

投稿日:2020年12月26日 
クラウドファンディング
Uターン物語
大人スポーツ部
JAPAN LOCAL VIDEO


みなさんはコンテンポラリーアートというアートをご存知でしょうか。

アートという言葉だけでも「なかなかイメージがつきにくい。」となる中、さらにコンテンポラリーアート。。。。

ただ知らないではもったいない。今回は実際にコンテンポラリーアート作品を手がけられている須山裕子さんに、そもそもアートとは?そしてアーティストになるまでにどんな経緯を送っていくものなのか?を取材しました。

そこに見えてくるアーティストになるまでの経緯、そしてコンテンポラリーアートへのイメージが今回の取材記事を通して見えてくるかもしれません。



見出し

絵との出会い〜興味から描くへ〜























妊娠・出産が転機に。働き方を変えた29歳。












会社勤務からフリーランスへ










商業ベースからコンテンポラリー・アートの道へ

















































































取材する前は「アートに知識がない僕が聞いても本当にいいのだろうか?」と思っていましたが、須山さんと話すことでより身近にアートを感じることができました。

作品を見るだけでなく、その背景となる作者の声を聴けた今回の貴重な機会。須山裕子さんの作品は公式SNSからも閲覧することができるので、ぜひこのインタビューと共に須山さんの作品を見ていただければと思います。


須山裕子さんの作品を見る >>

新型コロナウイルスの影響で、店舗の営業時間・定休日が変更になっている可能性があります。ご来店の際には、各お店にお問い合わせください。

クラウドファンディング

滋賀県民向け!この情報知ってる?