.

【8/1 】近江鉄道の新車両デビュー!豊郷小学校でイベント開催!鉄道むすめのグッズ販売も

投稿日:2020年7月23日 
日刊滋賀県リニューアルしました
Uターン物語
大人スポーツ部
JAPAN LOCAL VIDEO

8/1(土)から、近江鉄道の新車両「300形」がデビューします!

車体は西武鉄道で利用されていた6両のものを2両に改造し、びわ湖をイメージしたブルーに塗り替えられています。

新車両「300形」のデビューを記念して、「鉄道むすめグッズ」の販売イベントが開催されますよ。

見出し

8/1(土)開催の鉄道むすめグッズ販売について

近江鉄道「鉄道むすめ」グッズ販売トップ画像
8/1(土)にデビューする、新車両「300形」にちなんで「鉄道むすめ」のグッズ販売も行われます。

●日時: 8/1(土)10:00~13:00

●場所: 豊郷小学校旧校舎群講堂 近江鉄道豊郷駅から徒歩約15分

●入場料: 無料

当日は、「鉄道むすめ」の新グッズ販売、「鉄道むすめ」の等身大パネル・ヘッドマーク展示、近江鉄道「鉄道むすめ」くじなどが行われます。

詳しい内容については、以下の近江鉄道公式ページを確認してくださいね。

鉄道むすめ新グッズ販売会in豊郷小学校旧校舎群の開催について



住所は 〒529-1169 滋賀県犬上郡豊郷町大字石畑518 です。

近江鉄道の新車両「300形」について


新車両「300形」は、車両編成や見た目が変わっただけではありません。

行き先表示が見やすいようにと、車両の前と側面に白色LEDを使用。車内もバリアフリー。車内で次の駅の案内表示器を設置するなど、さらに快適に利用できるようにと改造されています。

車体はもともと西武鉄道で使用されていた3000系ということもあり、場所を変えてこれから長く使われることにもロマンを感じます。

新型コロナウイルスの影響で、店舗の営業時間・定休日が変更になっている可能性があります。ご来店の際には、各お店にお問い合わせください。

滋賀県民向け!この情報知ってる?

日刊!滋賀県編集局