.

【滋賀県・南草津】猫への愛情たっぷりのベーカリーカフェねこ日和【レポート】

投稿日:2019年6月13日 
twitterでリアルタイムの滋賀情報を発信→

ベーカリーカフェねこ日和は、草津市内にある猫カフェです。可愛らしく居心地の良い店内では、思い思いにくつろぐ猫たちを眺めながらスイーツや軽食を味わうことができます。

保護猫活動の拠点にもなっているベーカリーカフェねこ日和で、オーナーのお話をうかがってきました。

見出し

【ベーカリーカフェねこ日和へのアクセス】


京滋バイパスの交差点「野路中央」に面しているパレットパークの1階に、ねこ日和の建物があります。


Googleマップはこちらです。ベーカリーカフェねこ日和の住所は、草津市野路8丁目19-15です。

京滋バイパスの交差点「野路中央」付近の写真がこちら。

駐車場と駐輪場には十分な広さがあります。2階のテナントにはエニィタイムフィットネスが入っており、壁のロゴマークがパレットパークの目印となっています。

JR南草津駅からねこ日和までは、徒歩15分程度です。傾斜が少なく舗装された道のりのため、軽いウォーキングにも向いていると思います。

お店の前にも、看板が出ていました。メニューのほか、カフェ利用案内についても記載されています。
猫最中パフェや大きな肉球メロンパンなど、猫にまつわるスイーツもあるとのこと。

【ベーカリーカフェねこ日和の店内は?パンの購入は、全年齢OK!】

ねこ日和の入口には猫のマットが敷かれていました。

ケースにはパンやサンドイッチが並んでいます。
生クリームと蜂蜜が入ったミルク入り食パンは、ジャムやバターを塗らずにそのまま食べてもおいしいと評判の人気商品です。

パン売り場には猫は来ませんが、運が良ければ、厨房の上にある通路を移動する猫を見ることができます。

お手洗いには猫の壁紙が貼ってありました。

手水鉢にも猫が描かれています。

【ベーカリーカフェねこ日和のカフェ利用時のルールを確認!】



猫をストレスから遠ざけるため、カフェスペースの利用にはルールが定められています。

まず未就学児は、保護者同伴であっても利用できません。

小学生1人の利用につき、飲食代とは別に500円の席料と保護者の付き添いが必要になります。利用時間は30分以内、猫に触ることはできません。

中学生以上であれば、席料や時間制限はありません。猫が嫌がらない範囲で、触ることもできます。

また、猫用のフードやおもちゃの持ち込みも禁止されています。猫と人が心地よく過ごせるように、ルールとマナーを守って利用してください。

スリッパに履き替え、手を消毒してからカフェスペースに入ります。

カフェスペースには、猫をあしらった可愛らしいインテリアがありました。

猫の壁時計です。

トースターの前にいる猫はミーコさんです。

店内には猫部屋があり、ガラス越しに中の様子がうかがえます。

猫部屋には出入口が設けられており、猫たちがカフェスペースに姿を現すこともあります。

猫部屋と猫用トイレの間には専用の通路が用意されており、タイミングが良ければ猫たちが通路を歩く様子を見ることができます。

ねこ日和のSNSに、通路を歩く猫の画像が掲載されていました。

View this post on Instagram

‪本日の営業時間変更のお知らせ!‬ ‪本日19時までの営業とさせていただきます。‬ ‪お客様にはご不便をおかけいたします。‬ #滋賀猫カフェ #南草津パン #滋賀パン#南草津カフェ#ベーカリー #ランチ #保護猫カフェ#猫里親募集 #食パン#草津ねこカフェ#滋賀食パン#草津食パン#ねこカフェ#猫カフェ#滋賀カフェ#草津カフェ#草津パン

A post shared by ねこ日和 (@nekobiyoribakery) on


【人間も猫ものんびり過ごせる、カフェスペース。気になるメニューは?】


ねこ日和のカフェメニューがこちら。軽食からドリンクまで、種類が豊富です。

こちらは、トースト&ドリンクセット。小腹が空いたときにも良さそうです。

スイーツと猫が好き!という方には、ねこ最中はいかがでしょう?

今回は、フレンチトーストアイス&ホイップドリンクセットを注文しました。飲み物はコーヒー、紅茶、オレンジジュース、野菜ジュースの4種類から選ぶことができます。

甘さ控えめのフレンチトーストは、甘いクリームや甘酸っぱいラズベリーのソースとほどよく絡み合っていました。

きゅうちゃんが食べ終わった皿に興味を示していましたが、人間の食べ物は猫の健康を損なうことがあるので与えられません。

猫たちには猫用おやつをあげることができます。回数制限があるので、おやつを買う前にスタッフに確認を取ってください。

きゅうちゃんとミーコさんが、仲良くおやつを食べていました。

猫部屋ではマロンさん(茶色)とポンタさん(サビ)がくつろいでいました。

【猫の保護活動にも力を入れているベーカリーカフェねこ日和】

ねこ日和では保護猫活動にも力を入れており、店内には猫の里親募集や迷い猫の張り紙が掲示されていました。

この投稿をInstagramで見る

‪ネズミ形猫のおもちゃ販売してます。‬ ‪綿花さんに作って頂きました。‬ ‪収益金を保護猫活動に使います。‬ ‪皆さまのご協力をお願いします😸‬ #滋賀猫カフェ #南草津パン #滋賀パン#南草津カフェ#ベーカリー #ランチ #保護猫カフェ#猫里親募集 #食パン#草津ねこカフェ#滋賀食パン#草津食パン#ねこカフェ#猫カフェ#滋賀カフェ#草津カフェ#草津パン

ねこ日和さん(@nekobiyoribakery)がシェアした投稿 –

店内ではパン以外にも、売り上げが保護猫活動費に充てられるグッズの販売が行われています。

オーナーの北中さんは猫への愛情にあふれた人で、野良の仔猫を保護した方の相談に乗っておられました。また、店でくつろぐ看板猫たちも、元は保護猫だったそうです。

取材中、ミーコさんは北中さんと会話をするように鳴いていました。

【ベーカリーカフェねこ日和 基本情報まとめ】

駐車場が完備されており、JR南草津駅からのアクセスも良いベーカリーカフェねこ日和は、パンのおいしい猫カフェであると同時に、保護猫活動の拠点でもあります。
カフェスペースを利用する時にはルールを守って、猫との時間を過ごしてください。

【ベーカリーカフェねこ日和】
住所:滋賀県草津市野路8丁目19-15
電話番号:077ー565ー6227
営業時間:13:00~21:00(平日) 9:00~21:00(土日祝)
定休日:木曜
Facebook:https://www.facebook.com/nekobiyoribakery/
Instagram:https://www.instagram.com/nekobiyoribakery/
Twitter:https://twitter.com/CafeNekobiyori
2019年6月現在の情報です。最新の情報は公式サイトをご確認ください。


滋賀県民向け!この情報知ってる?

まりもも
  • この記事を書いた人

  • まりもも

  • 一人旅が好きなのに乗り物酔いする残念体質の持ち主。別サイトで歴史や偉人に関する雑学記事を執筆しています。

  • https://kusanomido.com/author/marimomo/
Kodawari 滋賀の実体験レポートサイト