.

大津市に滋賀県の農産物を活かした種類豊富なクラフトビールがのめる「近江麦酒」がオープンしています!駐車場や営業時間を調べました!

投稿日:2019年5月16日 
滋賀の花火大会
日刊滋賀県リニューアルしました
Uターン物語
大人スポーツ部
JAPAN LOCAL VIDEO

旅に出た時に、その土地の地ビールやクラフトビール飲みたくなりますよね。そんな非日常感あふれるクラフトビールをなんと滋賀で楽しめるお店「近江麦酒」がオープンしています!醸造所直営のビアーカフェなので新鮮さはピカイチ!これから暑くなるにつれビールが美味しくなりますよ~。

見出し

2018年5月にオープンしていた「近江麦酒」!場所は「奥村歯科診療所」の近く!



「近江麦酒」は2018年5月にオープンしていました!場所は、びわ湖湖西側。周辺には「奥村歯科診療所」や「花市商店」などがあります!



googlemapはこちら。住所は、大津市本堅田3丁目24−37です。

「近江麦酒」の駐車場は?営業時間は?



営業時間は、16:00~21:00(ラストオーダーは20:00まで)となってます。

定休日は不定休です。毎週月曜日にFacebookでお知らせということなので、要チェック。

参考:【公式】近江麦酒HP

参考:【公式】近江麦酒Facebook

参考:【公式】近江麦酒Instagram

駐車場は店舗すぐ近くの場所。近江麦酒の目印のある場所へ停めてください。

ところで、今更ですがクラフトビールってどんなビールかご存知ですか?


クラフトビールと耳にしても、それがどんなビールなのか、なかなか説明できる人いないのでは?といっても、日本では今のところ明確な定義はないそうです。

アメリカでは「ブルワーズ・アソシエーション」という協会によって「クラフト・ブルワリー」の条件が定められています。その条件は「小規模であること」「独立していること」「伝統的な原料や製法で造っていること」。

その流れを汲むと、日本のクラフトビールとは「いわゆる大手ビールメーカー以外の、地域密着型の小規模な醸造所で造られるビール」といったところでしょうか。

なんでも大手メーカーのシェアが多くなってしまう現代だからこそ、地域密着型のビジネスを応援したいですね!


滋賀県民向け!この情報知ってる?

日刊!滋賀県編集局