.

大津湖岸なぎさ公園のシバザクラ【滋賀・大津市】4月~5月初旬まで楽しめる琵琶湖沿いの花の絨毯!桜とのコラボも。

投稿日:2019年5月2日 
twitterでリアルタイムの滋賀情報を発信→

大津湖岸なぎさ公園にある遊歩道『なぎさのプロムナード』では、春になるとシバザクラが鮮やかに咲き誇り、カップルやファミリーでにぎわいます。

びわ湖岸に桃色の花のじゅうたんが広がり、青空とびわ湖とのコントラストが美しく、時期によっては、淡い桃色の桜と鮮やかなピンク色のシバザクラを同時に楽しむことも。

大津湖岸なぎさ公園のシバザクラの詳しい場所や駐車場、開花状況について実際に行って調べてみました。

見出し

大津湖岸なぎさ公園のシバザクラのアクセス方法は?駐車場は?

車で大津湖岸なぎさ公園へ行く場合、湖岸道路の『におの浜三丁目』交差点をびわ湖方面へ。

『におの浜三丁目』交差点はOh!Me大津テラスや西武大津店の近くで、角に京都信用金庫、ネッツトヨタ、ザめしやがあります。

ザめしやとマンションの間の道です。

まっすぐ進むと目の前に琵琶湖が。

突き当りに『プロムナード駐車場』があります。


Google Mapではこちら。住所は滋賀県大津市におの浜3丁目3。

駐車場を出たら、大津プリンスホテルを目指して東に向かいましょう。電車なら最寄り駅はJR・京阪膳所駅です。

びわ湖岸にシバザクラの花の絨毯 大津湖岸なぎさ公園 なぎさのプロムナード

色鮮やかなかわいらしい花で地面を覆うシバザクラ。開花は4月の初めごろ。例年の見頃は、4月下旬からゴールデンウィークくらいまでだそう。

(2019年4月9日撮影)
なぎさのプロムナードには桜の木もたくさんあるため、時期によっては桜とシバザクラのコラボも楽しめます。

一度は消えてしまったシバザクラを、ボランティアの方の手によって復活させたそうです。

なぎさのプロムナードのうち、シバザクラが見られるのは、におの浜ふれあいスポーツセンターの向かいあたりから、大津プリンスホテル前の角まで。

約300mに渡って、鮮やかな桃色の花壇が遊歩道を彩ります。

足元のシバザクラだけでなく、顔を上げれば西の奥には比叡山。

東の奥には近江富士の三上山がのぞめます。
撮影日は残念ながら曇り空でしたが、天気の良い日はびわ湖と青空の色とシバザクラのピンク色のコントラストが見事。風光明媚な公園です。

遊歩道の途中には、におの浜観光港の桟橋が。

におの浜観光港からは、ミシガンクルーズの乗船・下船が可能。
シバザクラを間近で楽しんだ後に、遊覧船に乗って湖から陸のシバザクラを楽しむというのも素敵ですね。

びわ湖を悠々と泳ぐ水鳥。時折魚が跳ねる事も。

公園にはところどころにベンチやトイレが設置されていて、ゆっくり過ごせます。お休みの日には芝生の上にレジャーシートを広げてお弁当を食べている家族連れも。

咲き誇る一面の花畑の中で写真を撮れる遊歩道

花壇と花壇の間の小道。この間に立って、少し離れて写真を撮ってもらうと・・・

まるでシバザクラの花畑の中心にいるみたい。

一面ピンク色かと思いきや、ときどき違う色合いのシバザクラもあり、目を楽しませてくれます。

紫がかった薄い青色。

白いシバザクラも。

昨年の猛暑や大雨、台風で多くのシバザクラがダメージを受けたそうですが、ボランティアの方の努力があり、たくさんの花が咲き誇っていました。
来年はいっそう鮮やかにピンク色のじゅうたんが広がっているかも。

びわ湖からすぐ!広場と遊具とC57機関車があるSL公園

シバザクラのお花見の合間に、道路を挟んで向かいにあるSL公園で遊ぶのもおすすめです。走り回って遊べる広場と、SL、遊具のスペースがあります。

『貴婦人』の愛称で呼ばれたC57機関車。電車好きのお子様なら一周見て回るだけでも楽しいのではないでしょうか。

二ケ所の砂場と鉄棒や動物の形の乗り物などがあります。この公園からもびわ湖をながめる事が出来ますよ。

桜の季節が過ぎても、シバザクラが目を楽しませてくれるなぎさ公園。さらにそのすぐそばにあり遊具でお子様を遊ばせられるSL公園。
季節の花とびわ湖という滋賀ならではの美しい景色を楽しみたい方に、おすすめのスポットですよ。

大津湖岸なぎさ公園シバザクラの基本情報のまとめ

大津湖岸なぎさ公園のシバザクラ

滋賀県大津市におの浜4丁目
定休日:なし
入園料:無料
アクセス:JR膳所駅または京阪膳所駅より約1.2km

問い合わせ:公益財団法人 大津市公園緑地協会
TEL:077-527-1555

参考リンク:【公式】大津湖岸なぎさ公園

注意事項:2019年4月現在の情報です。最新の情報は、公式サイトをご確認ください。


滋賀県民向け!この情報知ってる?

アバター
  • この記事を書いた人

  • 日刊!滋賀県ライター

Kodawari 滋賀の実体験レポートサイト