.

美味しすぎて幸せ過ぎる夜を湖南市の天龍で味わった日。

twitterでリアルタイムの滋賀情報を発信→
LINEで送る

あかん。


美味しすぎると、人は何も考えられなくなりました。(奢りやと特に。)

そんなお店が湖南市岩根にある天龍でした。

見出し

湖南市の天龍って?場所は?どんな料理屋さん?


dsc01964

湖南市にある天龍ですが、おそらく「どこにあるの?」という人も多いのではないでしょうか。しかし食通さんにすると知る人ぞ知る名店のようでして、日刊!湖南市やっててよかったーと思えました。(奢ってもらえましたので。)



Googleマップだとこちら。

通りには一応上の写真で看板が光っていますが、初めて行く人は絶対ナビで案内してもらった方がいいです。おそらく初見だと通り過ぎてしまいます。



dsc01963

お店の外観はこんな感じで居酒屋風に見えますが…。もうこれが出される料理がですね…。本当に。


dsc01962

お店は個室が2つとカウンターが一つ。
カウンターで作っている様子をひたすら見るのもの楽しそう。




dsc01917

今回は個室を予約してはったので、おこたの席でのんびりと食べることができました。

ちなみに料理のお値段ですが、詳しくは聞いていませんが一人大体7,000円ぐらいだったようです。(奢って頂き、ありがとうございます!)



湖南市の天龍で幸せ過ぎる料理をひたすら食べまくる夜。


基本的に天龍ではメニューはないらしく、店主のおまかせが振る舞われます。
いわゆる会席料理というのですね。


ここからは美味しくて料理名忘れてしまいました。ひとまず料理の感想を書いてまいります。


dsc01919

まず最初に出てきたのがこちら。ふぐですね。ふぐのお刺身。まあこれが美味しくないわけない。ほっぺた落ちるレベルです。



dsc01925

続いて一品が並んでいるこちら。



dsc01929

dsc01928

dsc01927

これもまあーーーーーー、どれも美味しい!素材の味を行かしつつ、それぞれがしっかりと自己主張していて食べていて楽しいのです。




dsc01931

編集長人生ダントツで豪華な茶碗蒸し。もうこれ茶碗蒸しですか?

いくらとカニが入っていて、そこの茶碗蒸しをかき混ぜて食べたら、これもうっ!



dsc01935

お刺身が出てまいりました。



dsc01938
まぐろがもうこれ、お肉やん。



dsc01944
お椀物がこちら。


dsc01947
大根がやわらかいのはもちろんですが、魚もなんだこれ。噛まずにホロける旨さ。どうすればこんなに魚をやわらかく美味しく出来るのか。


dsc01951

里芋と何かを合わせた練り物揚げ。個人的にいつでも食べたいメニューがこれ。里芋の甘さもそうですが食感が面白かった!



dsc01955
天ぷらもまあ当然美味しくてですね。



dsc01957

最後のお寿司に関しては、締めにふさわしすぎてお腹いっぱいやのに、胃のどこかを強引に開けてでも食べたい料理でした。うんまーーーーし。




dsc01959

最後はデザートでさっぱりと。湖南市にこんな美味しいお店があるなんて。まだまだ湖南市知り得ていませんでした。



湖南市の天龍まとめ


dsc01916
ということで行ってまいりました天龍。

編集長もいつか奢ってでもまた行きたいお店となっていました。

幸せやったなー、あの夜は。

ぜひ大切な人とでも、一人でも至極の味を味わいにいってみてください。


ではでは。

天龍
住所:滋賀県湖南市岩根1291
電話番号:0748-72-2647
営業時間:18時から
駐車場:あり

LINEで送る

Kodawari 滋賀の実体験レポートサイト