.

湖南三山の「善水寺」は紅葉の時期に写真が撮りやすい満喫スポットでした。

twitterでリアルタイムの滋賀情報を発信→
LINEで送る

11月から12月に渡って滋賀県でもいくつもの紅葉スポットが存在します。

湖南市にその紅葉スポットとして代表的な場所に湖南三山と呼ばれるお寺があります。
湖南市東寺の長寿寺と湖南市西寺の常楽寺、そして今回レポートする湖南市岩根にある善水寺。

湖南市の秋の観光スポットとして湖南三山ツアーとしても組まれているみたいです。
いずれのお寺も湖南市民にとって身近に紅葉を楽しめるスポット。
まず善水寺からいきます。


紅葉の時期はツアーも組まれている様子

紅葉の時期は入り口前で甘酒や地元の野菜などが販売されています。ツアー客もいるわけですが、そこまで人多いなっ!というわけではないため、紅葉も撮りやすいスポットです。



本堂と共に
本堂と共に紅葉を。
特に一脚や三脚などが禁止ともされていなかったですが、他の方の邪魔にならないようルールを守りつつ使用しましょう。



ここらが絶景ポイントだったりします。
この場所から体を回転すると、善水寺の見所の紅葉を撮ることができます。


子供も見てしまう紅葉
二人の子供も見とれてしまう(?)紅葉。
善水元水は地下50メートルの井戸から汲み上げている水で、ここまで十分な水量を得るには3度のトライがあったとのこと。

帰宅してからそのエピソードを知り、「もっと紅葉と善水元水をセットで撮れば良かった」と少々後悔。



集めて芋焼きたい
集めてお芋焼きたい。
ちょっとその時お腹が減っていたので、入り口に善水寺焼き芋なんかが売られていたら確実に買っていました。


太陽の光でよりきれいな色に。

拝観料は大人が500円で、中学生が300円、小学生以下は保護者同伴のみ無料です。また団体割引もあるので、ツアーを組む時は事前に連絡しておきましょう。

開門時間は9時から16時で、この時期は11時からぐらいが気候も過ごしやすくおすすめです。
また坂もあまり無いため、子供連れの方はベビーカーでも拝観できます。

ゆっくりと拝観したり、撮影したりしたい人にオススメの善水寺レポートでした。

LINEで送る

Kodawari 滋賀の実体験レポートサイト