.

これは堪らん!野洲のNOBODAstoreは一癖も二癖もあって面白すぎるお店に。

twitterでリアルタイムの滋賀情報を発信→
LINEで送る

いやはや、あるんですね。まだまだ滋賀県には「こんな面白いお店が滋賀県にあるなんて。」というのが。

野洲にあるそのお店にあるのは「●●系」と一つに絞ることは出来ません。置いてあるもの全てが「なんだこれは!」「すごい!」「欲しい!」と驚きと刺激を与えてくれるお店でした。
さてそんな面白すぎるお店の名前。それは野洲の「NOBODAstore」です。

今回の記事、いつにも増して写真多めです。見て欲しいものが一杯ありましたので。

見出し

面白すぎるお店 NOBODAstoreはどこにある?


野洲にあるNOBODAstoreですが、大通りに面した道にあるお店ではありません。住宅街の中にあるので偶然で見つけられるお店の場所ではないのです。

DSC08122
野洲川沿いの道を野洲駅方面に走りまして。



ダイアナの会社を超えると河川公園側に曲がる道があるので、左に曲がります。

DSC08127
この道を50mほど進んでいくと右手にNOBODAstoreがあります。



Googleマップはここ。




DSC08190
こちらがNOBODAstore。シャレオツです。しかも手前のNOBODAstoreのお店はご主人がDIYで作られたというすご物。もうDIYレベルではないとここに訪れた何人もの方が思われたことでしょう。
営業時間は10時から15時までで、日曜日と月曜日がお休みになっています。



好きな人はホントにたまらない!NOBODAstoreの写真を撮ってきました!


ここからが、NOBODAstoreの店内写真となります。
もう面白いやれ、驚きやれ、欲しいものやれなどが入り交じっているお店です。


DSC08181
まずはこれ。チャイム。オーナーさんがNOBODAstore側の店舗にいないときにこのボタンを押すと後ろ側の家で「ピンポーンッ!」と音がでます。



DSC08153
店内のまず一枚。何屋さん?そんな野暮ったいことは聞いてはいけません。重要なことはそこにあるナニカにあなたが響くかどうかだけです。

ちなみに私はガツガツ響いてきました。



DSC08140

ウッドハンガーなるもの。



DSC08142
今も現役で使える錠。



DSC08138

ガツンとくる物々。こういうのも多数ぶらさがっています。


DSC08143
はるか昔の鉛筆削り機。


DSC08155
世界で一番売れているナイフ。しかしNOBODAstoreでは全く売れないナイフのようです。


DSC08139
と思ったら可愛らしい小物も。



DSC08154
ピアスもあり。可愛らしい。




DSC08150
はい、出ました!ラピュタ。これどう撮っても絵になる。



DSC08137
DSC08151
DSC08146

いやー、面白いわ。NOBODAstore。



DSC08160
またNOBODAstore来て、心に響いた方は、守山市のうの家でされている猫目市もオススメ。

参考リンク:滋賀でアンティーク・ヴィンテージ欲しいなら猫目市!本日最終日ですよ!



DSC08187
DSC08186
NOBODAstoreでは商品だけではなく、カフェの利用もできます。

ケーキうまー。



DSC08168
DSC08170

かき氷も年季の入った昔ながらのかき氷機で自分で削りだすことができます。

え?もちろんやりましたよ。


DSC08176
歯がちょっとでるかでないかで、削りが全然違っていました。


DSC08165

全然動かないカエル。見すぎて愛着湧いてきます。

いやはや、面白かった。NOBODAstore。
しかも来年には近くの場所で移転されるようです。

次はどんなお店になるのか。そして置かれる商品がまたどう響かせてくれるのか。

滋賀県に観光にこられた方も寄って見て欲しいそんなお店。NOBODAstoreのご紹介でした。

参考リンク:
NOBODAstore
NOBODAstoreネットショップ

LINEで送る

Kodawari 滋賀の実体験レポートサイト