.

KODAWARI的、2015年どんどん遊ぶ・行ってみたい滋賀県の市町村ベスト5

twitterでリアルタイムの滋賀情報を発信→
LINEで送る

KODAWARIが本格的に滋賀県のグルメやスポット、遊び場所などを本格的に更新していったのが2015年の4月。

それまでは20記事ぐらいしかレポートがありませんでしたが、この11ヶ月で200記事ほどのレポートを書き上げていきました。
だからといって「滋賀県、もう十分!」とはならず、逆に「滋賀県ってまだまだ発掘されていない・行っていないところある!」となっています。

この1年で主に行ってきたところは大津市・草津市・栗東市・守山市・湖南市・甲賀市のどちらかというと湖南方面。

湖北は長浜市、彦根市は記事がまだありますが、米原市はほとんどなく、高島市も同じぐらいまだまだ発掘できていません。

ということで本格更新から1年を迎える前に、2015年にどんどん遊んだり、行ってみたい滋賀県の市町村ベスト5をあげてみることにしました。




見出し

この土地にはまだまだ色々なことが眠っている!高島市。

2015年度一番行ってみたいのがこの高島市。

記事数が5とはなっていますが、ここにはもっと大津市レベルの記事になるものがあるはずです。
湖南市からだと一番距離がある市にはなりますが、朝一出ぐらいでもいってガツガツまとめてレポートを計画しています。

今年の紅葉でメタセコイア並木を狙いにいくのはすでに予定済み。

高島市の主な記事




KODAWARIで記事が少なすぎる!まずはヤンマーからか!?米原市


市という単位でいくと、一番記事数が少ない米原市。夏頃にいったローザンベリー多和田の記事のみです。

しかし米原市にはヤンマー博物館や、びわ湖沿いの道路には色々スポットが眠っている予感です。

実は書きかけの記事で米原市の天狗の丘という公園があるので、まずはそちらを公開しなければ。


米原市の主な記事
体験型観光農園とはなんぞや?米原市のローザンベリー多和田で体験してみた。


滋賀県の中で山に囲まれた自然豊かな場所。朽木村。


2014年夏頃に人生で初めていった朽木村。その時は仕事の関係でいったのですが、宝牧場のアイスや温泉、そばなど魅力が色々ありそうだなと感じていました。

また川沿いで多くの人がBBQしており、避暑地としても最適。

ただ生き方が中継地として使うよりも「朽木村に行ってみよう!」という感じじゃないとたどり着けません。

高島市より奥の場所になるので、こちらも一日朽木村で遊びにいくつもりじゃないと。

ネットからは朽木村には公園といったものがないようですが、実際どうなんでしょうか。教えて、朽木村の人!




記事数未だゼロの滋賀のアニメ観光地。豊郷町。


豊郷町のことは知らなくても「けいおん」というアニメをご存知の方は多いのではないでしょうか。

豊郷町は滋賀県の中でもアニメで町おこしを成功した例のある場所で、中でもけいおんの舞台としてモデルとなった豊郷町立豊郷小学校はひとつの観光地としてもなっています。

また伊藤忠商事株式会社の創始者の家でもあった伊藤忠兵衛記念館も観光地として観覧することができます。




記事数2だが、ここにはまだまだ眠っていそうだ!日野町。


記事数が少ない日野町ですが、いちご大福が美味しいお店があったり、こんなところにお店が!というのがあるのも日野町。

最近はフレンドマートも大きいのが出来ましたし、中継地点としてもよくよく行く場所でもあります。

ひとまず狙っているのは日野町で行われるお祭り関係。

8月に行われる火ふり祭はデイリーポータルZでも取り上げられており、ここらへんのお祭りからレポートしていきたいと思います。

参考リンク:日野町、火振り祭が奇祭すぎた – デイリーポータルZ

日野町の主な記事



逆にこの一年で一番行っていた場所は…


上の5つの市町村とは逆に「一番行っていた場所は?」というと、大津市!でした。

大津市の主な記事




記事数は30以上、グルメから観光地、公園など大津市が一番行っていたことが判明。ただ大津市といっても南郷方面や堅田方面はまだまだエリアとしての記事は少ないです。

出来る限り2015年度は大津市の中でも、まだ記事数が少なくて発見されていないエリアをレポートしていきます。

「ウチのお店もレポートしてよ!」という方は、応募フォームからどしどしご連絡ください。取材・掲載費全て無料です!

LINEで送る

Kodawari 滋賀の実体験レポートサイト