.

滋賀県の駄菓子屋まとめ。まだまだこれからも発掘していきます!

twitterでリアルタイムの滋賀情報を発信→
LINEで送る

20150206_ai
滋賀県の駄菓子屋まとめ
三口屋:彦根市
二丁目商店:大津市堅田
西村長盛堂:野洲市
田中安兵衛商店:野洲市
こうあん:守山市
やまかわ:東近江市
おかしのアメキ:東近江市


見出し

奥行きがある駄菓子屋。彦根市の三口屋


IMG_5980
参考記事:彦根市でも見つけた大型駄菓子屋「三口屋」。縦に長ーいなんでもお菓子が売っているお店!


彦根市のViva City前の大通り向いにある駄菓子屋さん。

奥行きがある駄菓子屋で駄菓子だけではなく、ふつうのお菓子や縁日で使えそうなグッズなども販売しています。

驚きなのが正月以外はいつでもお店が営業されているところ。駐車場ももちろんあるので、彦根市観光行かれた方は寄ってみられては。



2010年代に新しく誕生!大津市堅田の二丁目商店


IMG_5866
参考記事:大津市堅田にある駄菓子屋「二丁目商店」。駄菓子屋としては珍しく新しくできたお店でした。

大津市堅田にある駄菓子屋「二丁目商店」は2010年代に新しく誕生した駄菓子屋となっています。

住宅街の一角にあり、場所を知っていなければおそらくたどり着けないであろうお店。

また商品のPOPが細かく書かれていたりして、新しい駄菓子屋ならではのお店の味があります。




問屋が小売りを始めたらこうなった!野洲市中主の駄菓子屋「西村長盛堂」


IMG_3880
参考記事:卸から駄菓子屋まで。野洲市の中主にある西村長盛堂で駄菓子を買う!

野洲市中主のイオンタウン近くにある西村長盛堂は、元々問屋をされていてそこから小売りもされているお店です。

さすが問屋だけあり商品の数も多く、敷地も駄菓子屋レベルではないぐらい広い。

近所の子供や家族がひっきりなしに来る人気のお店となっています。




古民家でされている駄菓子屋「田中安兵衛商店」


IMG_3732
参考記事:野洲市でも見つけた昔ながらの駄菓子屋「田中安兵衛商店」!希望が丘行く前に寄ってみては。


旧道を入っていったときにたまたま見つけたお店がこの田中安兵衛商店。


元々は駄菓子屋というよりも生活用品全般を扱われていたお店だったようですが、時代の流れで駄菓子専門になられたのだとか。

昔ながらの建物だからこそマッチした駄菓子屋さん。こちらも大津市堅田の二丁目商店と同じように場所を知らなければたどり着けないお店かもしれません。



昔と今と変わらないあの守山市の駄菓子屋「こうあん」


DSC09487
参考記事:今も健在!守山市の駄菓子屋「こうあん」。懐かしのあの頃を振り返ろう。
守山市の駄菓子屋「こうあん」でお菓子を買う!第二弾レポート!

守山高校の向いにある駄菓子屋「こうあん」は昔の駄菓子屋が今も変わらずある貴重なお店。

駄菓子の種類もそうですが、お店横には小学生大好き100円でペットボトルのジュースが買えるチェリオや、お店の奥には「これすごい貴重な漫画なのでは?」というぐらいの漫画が売られていたりします。

ご夫婦で営まれており、その人柄もあって、昔通っていた子供が大人になり家族を連れてまた来られるのだとか。

土日に守山市を通るとちょくちょくいくのもこの駄菓子屋さんです。




業務スーパー並の広さを誇る駄菓子屋。東近江市のおかし市場 やまかわ


DSC01658
参考記事:滋賀県に駄菓子屋はまだまだある!業務スーパー並の広さ。東近江市のおかし市場 やまかわ

駄菓子屋というよりもお菓子専門店という位置づけの方が正しいのかも。

業務スーパー並みの広さで、しかもお菓子の値段が安い東近江市のおかし市場 やまかわ。

駄菓子の種類も多いのですが、パック売りのお菓子も多かったり大人数でお菓子を共有するときに重宝するのがこのお店になっています。

そして現在唯一探し出した東近江市の駄菓子屋さん(お菓子)。

もっとあれば教えて欲しいです。



おかしのアメキ:東近江市


DSC05437
参考記事:業者買いがしやすい東近江市の駄菓子屋「おかしのアメキ」。これぞ大人買いできる駄菓子屋です。

東近江市の太郎坊宮沿いにある駄菓子屋「おかしのアメキ」。

飴喜商店というお菓子の問屋さんがされている直営店で他の駄菓子屋に比べて、各駄菓子のパック売の種類が多いのが特長。

どんぐりガムやうまい棒だけではなく、フルーツ餅や比較的新しめの駄菓子もパック売で販売されています。

また楽天でのネットショップもあり。

参考リンク:おかしのアメキ 楽天店




おそらくネット上にあがっていないだけで滋賀県にもまだまだ健在の駄菓子屋さんは存在するはず。

これからもどんどん発掘していきますよー。

LINEで送る

Kodawari 滋賀の実体験レポートサイト