.

This is 赤ちゃんのほっぺ?2014年誕生の栗東市のあかね軒のお饅頭がやわらかー。

twitterでリアルタイムの滋賀情報を発信→
LINEで送る

栗東市の手原駅近くにこれまた新しい素敵なお店を発見しましたよっと。

場所とお店の名前は栗東市安養寺(最近発見したんですが安養寺専門のフリーペーパーがあるようです。)にある栗東市役所の裏側に和菓子のあかね軒。


ひっそりとした静かな町並みの中に、キレイにハマっている店舗の外観。行く前から既に美味しさビームを発していました。


DSC08871

DSC08874

こちらの看板が目印。交通量も少なく通りもやや広いので、車をゆっくり進めて探されるといいかも。


DSC08875

2台の駐車スペースがあります。


DSC08865

店内は小じんまりとしており、その日ついたお餅でお饅頭を作られています。

この日は9月頃でしたので、栗大福が発売中。


DSC08859

赤飯や小さなつきたてお餅もあったり。


DSC08866

お土産用のどら焼なんかもあります。


DSC08867

お店は2014年の4月にオープン。表通りに面していないのでわかりやすい場所とはいえかも知れませんが、じわじわ認知されているそうです。


DSC08887

DSC08889

今回は3つのお饅頭を購入。なんかもう、ふっくらしてるんです。食べる前から。

おまんじゅうの雰囲気というのかな。


DSC08900

豆大福。個人的にあまり選択して食べるお饅頭ではないんですが、店員さんに聞いて一番の人気とのことで。


食べてみると豆の塩さとあんこの絡みが絶妙!饅頭の皮もやっぱりやわらかくてふっくらしていて、例えるなら赤ちゃんのほっぺという感じ。


DSC08905

続いて栗大福。こちらもあんこの甘みと栗本来の甘みが見事邪魔せずマッチしております。

やわらかー。


DSC08910

最後は草大福。草大福は豆大福や、栗大福と違って皮がしっかりとしていた噛みごたえあり。何よりも独特の香りが良い。


スーパーやコンビニなんかでもお饅頭を買えることはできますが、店舗で作られていてその出来たてを食べることができるのは和菓子屋さんならでは。

店頭の裏で丁寧に作られているんだろうなー。

次はどら焼きにも手を出してみたいと思います。ではでは。

LINEで送る

Kodawari 滋賀の実体験レポートサイト