.

あの気になる守山市のお店はどんなお店?しが咲く屋に開店ピッタリでランチへGO!

twitterでリアルタイムの滋賀情報を発信→
LINEで送る

自分が住んでいる地域や、通勤時などでは使う道のりならいざ知らず、久々に通ったらいつの間にか「気になるお店出来てた!」っていう時があります。
守山市のど真ん中にあるしが咲く屋はそんなお店でした。

いつも行こう行こうとするも、お昼時で混んでいたり時間が合わなくて行けなかったりと。

混んでいるイメージがあったので、今回は開店時11時半に合わせてランチしに行ってみました。


DSC01377

しが咲く屋の外観は、完全な和風。
道の駅とかにもなりそう。


DSC01322

駐車場は店舗前と、この真後ろで計10台は停められるスペースになっています。



DSC01324

パンフレットにも書かれている「咲く屋のうた」
計16回の「咲く」が上手い具合に文章にかかれています。


DSC01328

しが咲く屋はお昼はセットメニュー、夜は単品で注文できるみたいです。

ぽたぽた焼があるお店って珍しい。


DSC01331

店内は洋楽のBGMで、オシャレな雰囲気。
居酒屋というよりもバー風な感じと言いましょうか。

ワインも揃っています。



DSC01332

店内からお手洗いへ通じる道。
中庭はちょっとした庭園になっています。
お店の前は結構車が行き交う道になっていますが、そういった喧騒が見えない感じが落ち着いていいですね。


DSC01333

しが咲く屋の席は、一人用のカウンターや宴会用の12人の席があります。
今日は、4人席が2つある部屋に案内されました。
11時半ごろだったので、隣の方もおらずのんびり。


DSC01336


席においてあるお茶。
水じゃない所が良い。



DSC01338

しが咲く屋のパンフレット。
お友達に紹介したい方はこちらのパンフレットで。


DSC01339

呼び出しはボタン式。
ボタンを押すとファミレスでよくあるピンポーン!ではなく、「ピチュピチュ」という鳥の音で知った。
細部にこだわってます。


DSC01326

ランチはこちらから選びます。


DSC01344

葵御膳なり。


DSC01341
まずはお刺身。


DSC01368

御飯とサーモンを併せて食べる贅沢さ。


DSC01363

この天ぷらなんだと思いますか?
トマトです。初トマトの天ぷら。


DSC01350


限定30食の咲く屋三段弁当。
風呂敷に包まれています。



DSC01362

風呂敷をスルスル~っとなると、豪華な三段弁当!
おせちみたいや-。
三段弁当はメインの料理を選べて、この日はエビフライ、ごましゃぶ、生姜焼き。


DSC01374

この日はエビフライを選択。
想像してエビフライとは違って、あえて平べったくなっています。
とんかつみたいな感触で、これはこれであり。


DSC01370

糀屋吉右衛門の味噌汁月。
糀屋吉右衛門は野洲市にある老舗で作られているお味噌で、あっさりして美味しかったです。




DSC01345
しが咲く屋は、守山市のららぽーと守山の中にもカルビかロースが選べる豚丼専門店があります。
こだわりの豚を食べてみたいという方はららぽーと守山店の方へ。

あー、お腹いっぱい!

LINEで送る

Kodawari 滋賀の実体験レポートサイト