.

さて子供を鍛えに行くか。大津市の皇子が丘公園はアスレチック感満載!

twitterでリアルタイムの滋賀情報を発信→
LINEで送る

最近の公園はどこもカラフルで、角とかもなく安全面がしっかりしている遊具であることがわかります。
昔の公園を考えると、ブランコの椅子はもっと板みたいだったり、カクカクしてましたよね。

そういう公園も、新しくリニューアルしていって昔ながらの遊具が消えていったりもするんですが、大津市の皇子が丘公園はそんな「昔ながら」が残っている公園。

子供鍛えに行く場所は最適な公園です。


DSC09645

近くの駐車場にとめて、坂をちょっと登っていきます。
自販機が近くにあるので、飲み物を買ってこなくても大丈夫。


DSC09644

皇子が丘公園横には温水プールが併設されています。






DSC09656

DSC09664

滋賀県内でも滑り台としてはトップレベルの長さ。
ローラー滑り台であれば、長い滑り台もあるんですが、銀色の滑り台系でこの長さは中々ない。
ただ一気に滑ると危ないという意味で、途中途中に段差があります。


DSC09671

こちらが全景。
子供用のサイズに作られているので、大人がいくと狭かったりします。
中年太りなんかしてると、通れない箇所あり。


DSC09673

DSC09672

DSC09670

DSC09669

狭い。



DSC09665

蟻地獄。子供が上がれるか。


DSC09651

DSC09647

アスレチックジム以外にも、蟻地獄があったり、ミニトンネルがあったりと。

遊び方1つでどんなパターンも楽しめる公園になっています。

思いっきり身体を動かして、ちょっと鍛えたいっていう時は皇子が丘公園へ行きましょう。

LINEで送る

Kodawari 滋賀の実体験レポートサイト