.

長浜市の黒壁スクエアで見つけた驚愕の新感覚スイーツ「天使の雪」。食べてみました。

twitterでリアルタイムの滋賀情報を発信→
LINEで送る

2011年に放送された大河ドラマ「江 ~姫たちの戦国~」で全国的にも名前が広まった市といえば。


「長浜市」。

ですよね。
湖南生まれ湖南育ちにとっては、車の免許を取得してから初めて訪れた市になるぐらい馴染みがなかったんですが、いやいや長浜市。
美味しいものと観光地がいっぱいありました。

その中でも黒壁スクエアのあの観光地目線での構造。
素晴らしいですね。

昔の商店街を、ノスタルジックに染めるとあんな良い雰囲気の道が出来るとは。

今回は黒壁スクエアにあるおしゃれーなカフェ「黒壁18號館 キッチン・カフェ パクト」で新感覚スイーツとやらを食してきました。

いやー、これマジおすすめ。

見出し

キッチン・カフェ パクトまでの道筋

黒壁スクエアはそこかしこに有料駐車場があり、休日だと人の流れで県外の人でもアクセスしやすい場所になっています。
また駅から徒歩10分程度歩けば、着けるので電車でもアクセスはOK。
キッチン・カフェ パクトは、駅側からの黒壁スクエア入り口から少し歩いたところにあります。

写真だと人ごみでわかりにくいかもしれませんが、おしゃれーなカフェなので「あっここ!」ってなります。絶対。
天使の雪

天使の雪以外も食べられます。

お店はベンチで食べたり、店内で食べることができます。
天気の良い日はベンチで、街の流れを感じながら食べるというおしゃれ感も味わえたり。
今回は天使の雪を食べましたが、他のメニューも食べられるのでランチ食べたい人や、ちょっと一息つきたい人が一緒でも大丈夫です。
天使の雪

出たー。天使の雪!ひゃっほーい!

最初注文するまではかき氷かなと思ってた自分に反省。

ソフトクリームでもなく、かき氷でもないまさしく新感覚。
スプーンですくと、ムニュっとした質感ですが、口にいれたらとろける、とろける。

かき氷みたいに種類は4種類ほどあり、カップルで行ったならば食べあいっこすればいいんじゃないかな。

食感としては、かき氷よりもやわらかーいソフトクリームをイメージしたらいいかもしれないです。
天使の雪 天使の雪
子供も夢中になって食べまくる勢い。
パクパクいってました。
天使の雪


一息つける場所としても、お勧めのカフェ「キッチン・カフェ パクト」。
天使の雪という新感覚スイーツをぜひ滋賀県内で流行らしてほしいと思います。

そしてぜひ湖南に店舗進出へ!

LINEで送る

Kodawari 滋賀の実体験レポートサイト