.

大津市初の保護猫カフェ「ねこのおうち」に行ってきました。9匹の猫が出迎えてくれます。

twitterでリアルタイムの滋賀情報を発信→
LINEで送る


2016年、大津市に初めてできた保護猫カフェ。猫好きとしてはずっと行ってみたかったお店。今回ようやく足を運ぶことができましたので、その様子をレポートします!

見出し

大津市の保護猫カフェ「ねこのおうち」はどこにあるお店?



「ねこのおうち」があるのは、JR膳所駅の近くです。膳所駅北口の通りを東に進むと…



「千賀ビル」の建物と「ねこのおうち」の看板を発見!ビルの2階がお店です。



googlemapはこちら。住所は滋賀県大津市馬場二丁目11番15号 平賀ビル2Fです。

公共交通機関利用の場合は、JR膳所駅下車。



階段を上がった先に、お店があります。



2つめのドアを開ける前に、必ず最初のドアを閉めてください。猫たちの脱走防止のためだそうです。



入り口には消毒液も置かれていました。



扉の向こうは猫カフェ!目が合います(笑)扉ギリギリのところがお気に入りのよう。


大津市の保護猫カフェ「ねこのおうち」の駐車場は?


店舗専用駐車場はありませんが、近くに膳所駅前公共駐車場があります。


車の場合は、膳所駅前公共駐車場へ。



車を停めたら機械を操作し、受付券を受け取っておきましょう。「ねこのおうち」では、1時間以上の利用で30分(150円分)の無料券が貰えます。




googlemapはこちら。住所は大津市馬場2-11-30です。


大津市の保護猫カフェ「ねこのおうち」の店内は?



まずは、靴を脱ぎ、注意事項を聞いた後、入店時間を書いた札を受け取ります。料金は後払いシステム。

料金システム(2017年8月現在)(消費税込)

●基本パック(ワンドリンク付き)
・大人60分:1,000円
・18歳以下60分:800円
・小学生未満60分:500円 

●おためしパック30分:500円(ドリンクなし)

●追加料金15分ごと:+200円

●平日限定フリータイム(ワンドリンク付き)
・大人~中学生:1,500円
・小学生:1,200円
・小学生未満:900円

1時間以上ご利用で駐車券サービスあり。(基本パックは対象)



ルールを守って、猫カフェを楽しみましょう!



「保護猫カフェ」だけあり、店内には野良猫対策や大津市動物愛護センターのチラシも貼られていました。



店内にはカウンター席もあり。窓辺には、猫たちが遊べるスペースも。



猫模様クッションや猫じゃらし、クロネコヤマトさんのダンボールボックス。猫にまつわる様々なグッズが置かれていました。



猫に関する漫画や本もたくさん!猫好きにとっては、まさに癒しの空間です。


大津市の保護猫カフェ「ねこのおうち」の猫と過ごそう!



現在、猫スタッフは9匹。見分けがつかないほどそっくりな猫もいるのですが、眺めているとそれぞれ性格も違って面白い。



一番ポーズをとってくれたのが、こちら。あんこさん。



ちょうど友達の顔が隠れる位置に…色々わかってますね、あんこさん!(笑)



折れ耳スコティッシュのまろ太くん。一番大人しいそうで、そーっと撫でてみました。ふわふわ!



おもちゃと格闘するみたらしくん。ガジガジ噛んでました。お気に入りのようです、楽しそう。



猫を真下から眺める機会は、そうそうないと思うのです。不思議な気分(笑)。



猫たちのごはんタイム&えさやり体験も



猫たちのごはんタイムは1日2回、11時ごろと16時ごろだそう。一心不乱に食べています。あんなに鳴いていた猫たちがおとなしい!



餌の種類が違う子猫やのんびりペースで食べる子は、ケージの中で食事だそうです。

また自分でも餌をあげたい!という方は、1回100円で餌を購入することができます。



猫たちにモテモテ。羨ましい!



こんな感じで、手から直接食べてくれるようです。



ちなみに、お腹が空いた方向けに人間用メニューもありますので、ご安心ください。テイクアウトもできるとのこと。
気がつけば、あっという間に1時間半が過ぎていました。猫好きな方に、ぜひ訪れて欲しい空間です。

保護猫カフェ ねこのおうちの基本情報

住所:滋賀県大津市馬場二丁目11番15号 平賀ビル2F
営業日・営業時間:
水・木:AM11:00~PM5:00     
金・土・日・祝日:AM11:00~PM6:00
定休日:月・火(臨時休業あり)(詳細は公式HPカレンダーにて)
参考リンク:公式HP

2017年9月現在の情報です。最新の情報は、公式サイトをご確認ください。



LINEで送る

  • この記事を書いた人

  • 松岡人代

  • 甲賀市在住。高知県四万十町で1年半生活し、JA四万十での広報経験の後、地元にUターン。現在の仕事内容はインタビュー&ライティング(+時々カメラ)。エネルギーの源は、海とびわ湖(特に沖島)、そしておいしいお魚。「好き!!」の気持ちを原動力に、滋賀県各地+αをうろうろしています。

  • https://hitoyoword.wordpress.com/
  • https://www.facebook.com/hitoyomoon
Kodawari 滋賀の実体験レポートサイト