.

ファーストトライ!高島市にある日本の滝百選「八ツ淵の滝」に挑戦する。

twitterでリアルタイムの滋賀情報を発信→
LINEで送る

高島市に滋賀県唯一の日本の滝百選があるということで、今回挑戦しにいってきました。

高島市のホームページを見ると、土砂崩れの為立ち入り禁止と書かれていましたが、他の情報を見ると入っている人もいるとのこと。

調べていては真相がわからないので、実際に八ツ淵の滝行ってみました。

目標は八ツ淵の滝全部を見ること。

ファーストトライで叶うかどうか。

それではレポートします。

この柵超えます。
はい、まずはこの柵越えます。
レストランの横の道です。

登山者カードを書く
登山者カードと、八ツ淵の滝までの案内板があります。

どのコースで行くか?果たしてたどり着けるか?
どのコースで行くか?果たして時間内に全てたどり着けるか?

しっかり記入
しっかりと記入。

立ち入り禁止ららしい
立ち入り禁止らしいですが、注意すれば入っていいとのこと。
ただし装備だけはしっかりしていきましょう。

カエンタケには気をつけて
道中には見かけず。
カエンタケの主な症状として触るだけでも皮膚がただれ、食べると死亡することがあるキノコらしいです。
怖し。

DSC07944
こういう看板が道中立っています。

DSC07945
復旧作業の為(?)。
モノレールがかなり上まで続いています。

DSC07949
この道まっすぐ。
一気に狭くなりますよ。

DSC07951
注意事項をしっかり呼んでおきましょう。
死亡事故多発と書かれているので、緊張度高まります。

DSC07954
冬山登山もいつかしてみたい。
綺麗だろうな、景色。

DSC07955
看板に従いましょう。

DSC07957
大摺鉢(おおすりばち)方面へ。

DSC07961
坂登ります。モノレールが横にいます。

DSC07964
なぎ倒されてた木がここからどんどん増えていきます。

DSC07966
いやほんと絶句。おふざけ禁止。

DSC07972
滑りやすいので注意です。

DSC07973
障子の滝ではなく、大摺鉢方面へ。

DSC07977
さあさあ見えてきた大摺鉢。
ここまで来るのに細い道やってきましたよ。

DSC07979
DSC07982
大摺鉢。
帰る時気付いたんですが、大摺鉢の手前の所で写真取るとあちら側に渡るのがプチハードモードになります。

DSC07983
貴船滝方面へ。
この時点で20分経過。

DSC07989
岩の上をどんどん進んでいく感覚。
途中小摺鉢があるらしいんですが、写真のこれですかね?

小ぶりです。

DSC07992
DSC08015
これは何に当たるのでしょうか?
遊歩道になっていない場所なのに、奥に進んでしまった所で発見しました。

DSC08013
結局ここから上に上がっていくもタイムリミットになったのでファーストトライはここで終わり。

DSC07995
DSC07997
滝の水ってだけで美味しく感じるのは山のせいか、雰囲気のせいか。

DSC08008
DSC08011
あ、この時点でDocomoもauも電波入りました。
softbankは所持していなかったんですが、おそらく入るでしょう。

単純にスゴイなと。

DSC08025
目標の全部制覇とはいきませんでした。
というよりコース選びの時点で無理でした。

まあまあ時間をかけてセカンドトライに挑戦します。

家族で行かれる方は楊梅の滝の方がオススメかもです。

LINEで送る

Kodawari 滋賀の実体験レポートサイト