.

久しぶりに本を読みませんか?彦根市の「半月舎」は、ワクワクする気持ちを思い出す古本屋さんです。

twitterでリアルタイムの滋賀情報を発信→
LINEで送る

最近読書から遠ざかっている人も、本屋巡りが好きな人もきっと満足できる古本屋。それが、彦根市にある「半月舎」さん。チェーン店でもなく、昭和の頑固親父さんがいるお店でもない。初めて訪れても、ふらりと入れる不思議な空間。

今回は紙媒体の本に触れる楽しさを思い出させてくれるお店、半月舎さんのお店をレポートします。


見出し

彦根市の古本屋「半月舎」はどこにあるお店?






半月舎の住所は、滋賀県彦根市中央町2-29。彦根駅から徒歩約15分。



立花町の交差点をアーケードがある方向に曲がってください。





お店は中央1番街商店街の中。駐車場に関しては「直接お問い合わせください」とのことでした。




こちらは店頭に並んでいた本とフリーペーパー。木箱に入っているところがまた素敵。掘り出し物が見つかるかも?


彦根市の「半月舎」の店内は?





2人の店主さんは、滋賀県立大学の卒業生。彦根は歴史ある城下町。でも「彦根には古本屋さんがない」と、卒業後に半月舎を始めたそう。

店内に一歩足を踏み入れると、本がぎっしり。まるで図書館のような雰囲気が、すごく落ち着きます。




置かれている本の種類も様々。



こちらは滋賀県に関する本のコーナー。こんなに滋賀県に関する本が出版されていたことにびっくり。今ではもう絶版になっているものも。



本の背表紙を見ているだけでも、なんだかワクワクします。まさに古本屋さんならではの醍醐味。




旅猫三昧。思わず手にとりました。






昔のデザイン。今見ると、なんだか新鮮。




学生のころはあまり開きたくなかった教科書も、今見ると新鮮で面白かったり。




こちらはジャズをはじめとする音楽の本の棚。文学、音楽、料理、歴史と幅広いジャンルの本が扱われている半月舎。ちなみに、店主さんがちょっと苦手な「数学・化学」分野の本は、あまり店頭に並んでいないとのこと。


彦根市の「半月舎」で見つけた古本以外の気になるもの。


店内には本以外にも気になるアイテムがたくさんありました。その一部を紹介します。



店内各所に置かれている小物たち。こちらは販売商品ではありませんが、古本買取のときなどにいただいたものだそう。ちなみにパンダの中身は消火器の中に入っている粉、消火剤だそうです。(笑)



半月舎の特徴は、古本の販売だけでなく「かえるの学校」や「半月ワインバー」など、楽しそうなイベントが開催されていること。

イベント開催中は、本棚をどけてスペースをつくるそう。





本の買取時などに使うダンボール箱。果物の箱ばかりが並んでいる意味は、可愛いから!…ではなく「箱のつくりがしっかりしていて、持ち運びしやすいサイズだから」とのこと。なるほど!




ステッカーも販売されています。




こちらはCD。三陸わかめとほたての唄。気になる・・・。



滞在すればするほど、新たな発見がある古本屋さん。彦根を訪れたときには、ぜひ足を運んで欲しいお店です。

イベントや臨時休業等の情報は、公式HPでチェックを。


半月舎
住所:滋賀県彦根市中央町2-29
電話番号:0749-26-1201
営業日:月・火・金・土・日(臨時休業あり)
営業時間:12:00〜19:00
駐車場:直接店舗にお問い合わせください
参考リンク:半月舎

LINEで送る

  • この記事を書いた人

  • 松岡人代

  • 甲賀市在住。高知県四万十町で1年半生活し、JA四万十での広報経験の後、地元にUターン。現在の仕事内容はインタビュー&ライティング(+時々カメラ)。エネルギーの源は、海とびわ湖(特に沖島)、そしておいしいお魚。「好き!!」の気持ちを原動力に、滋賀県各地+αをうろうろしています。

  • https://hitoyoword.wordpress.com/
  • https://www.facebook.com/hitoyomoon
Kodawari 滋賀の実体験レポートサイト