.

日野町・ブルーメの丘で開催される手作りイベント「Oh!umi ブルームフェスタ」。ブルーメの丘と合わせて1日たっぷり楽しめます。

twitterでリアルタイムの滋賀情報を発信→
LINEで送る

日野町のブルーメの丘には「子どもの頃遊びに行った記憶がある」という人も多いのではないでしょうか。今回お届けするのは、自然豊かな農業公園、ブルーメの丘の敷地内で開催された「oh!umi ブルームフェスタ」。

イベントと、ブルーメの丘。両方堪能してきましたので、ぜひご覧ください!


見出し

「Oh!umi ブルームフェスタ」とは?いつ、どこであるの?



oh!umi ブルームフェスタが開催されているのは、日野町の「滋賀農業公園ブルーメの丘」の中にある芝生広場。今回の開催日はGWの最終日、5月7日。開催時間は9時半から17時。



googlemapはこちら。住所は滋賀県蒲生郡日野町西大路843です。



ブルーメの丘には3,000台分の駐車場が!駐車料金は無料です。



「Oh!umiブルームフェスタ」の雰囲気をどうぞ。



新緑の5月。芝生広場で開催されたoh!umiブルームフェスタ。出店者さんもお客さんも、のびのびとした雰囲気の中、とても楽しそう。




M’s gardenさんの布小物。華やかな模様に目を奪われます。私は猫柄のシートベルトカバーを購入しました。



週末工房 彫Dayさん。木で作られたどんぐり!置物かと思いきや…



コマでした!色違いのどんぐりは、2種類の木を使って組み合わせているとのこと。



どんぐり以外の色々な商品。くるみオイル(オリーブオイルやサラダ油でもOK)で、木の色艶が蘇るなどお手入れ方法も教えてもらえます。



アクセサリー類の種類も豊富。



にこはるさんのミニカード。



空き缶リメイク商品や



ちょっと笑える系のストラップ。(実は裏側まで作りこまれていて芸が細かい!)




latteさんの麻ひも小物たち。カラフルな旗がカワイイ。



「Oh!umiブルームフェスタ」のお手洗いは?地面は?そのほか、気になるポイントまとめ



お手洗いは、ブルーメの丘園内各所にあります。



階段は少なめ。ただし、石畳のエリアもあります。来園時には、歩きやすい靴がおすすめです。



またoh!umiブルームフェスタの会場、ブルーメの丘に入るためには入場料が必要です。中学生以上の大人は1,000円。4歳~小学生は600円。3歳以下は無料です。



「Oh!umi ブルームフェスタ」の会場、ブルーメの丘はどんな場所?



2017年に20周年を迎えたブルーメの丘。その園内を少しご紹介します。





アルパカやフクロウがいたり。



園内を走る乗り物があったり(敷地内は甲子園球場9個分の広さだそうです)




そしてシルバニアファミリーのコーナーも!テンションが上がる懐かしさ。




そり滑りや、巨大迷路。その他、アーチェリーやゴーカートなど遊具も豊富。




ブルーメの丘は、手作りのお弁当の持ち込みがOKです。また園内にはレストランやカフェ、パン屋さんなど食べ物のお店が充実。写真はレストラン「エーデルワイス」のジャーマンバイキング。60分の時間制でした。



レジャーシートやテントを持ち込んで、のんびり過ごしている人も多かったブルーメの丘。Oh!umi ブルームフェスタとブルーメの丘で、ゆったりとした時間を過ごしてみませんか?

Oh!umi ブルームフェスタ
開催日時:春・秋の年2回(不定期) 9時半〜17時
開催場所:滋賀農業公園ブルーメの丘 芝生広場 (滋賀県蒲生郡日野町西大路843)
駐車場:あり(無料) ただし、ブルーメの丘入場料が必要
注意事項:雨天中止 (開催有無はブログにて確認)
公式サイト:Oh!umi ブルームフェスタブログ


2017年5月現在の情報です。最新の情報は、公式サイトをご確認ください。

LINEで送る

  • この記事を書いた人

  • 松岡人代

  • 甲賀市在住。高知県四万十町で1年半生活し、JA四万十での広報経験の後、地元にUターン。現在の仕事内容はインタビュー&ライティング(+時々カメラ)。エネルギーの源は、海とびわ湖(特に沖島)、そしておいしいお魚。「好き!!」の気持ちを原動力に、滋賀県各地+αをうろうろしています。

  • https://hitoyoword.wordpress.com/
  • https://www.facebook.com/hitoyomoon
Kodawari 滋賀の実体験レポートサイト